P「花売りの娘が来た」凛「来たよ」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) 2012/07/21(土) 19:53:53.19 ID:xddYoZBc0
P「よし、じゃあ行くか、凛」

凛「うん」

小鳥「行ってらっしゃ~い」

P「19時には戻りますんで」

小鳥「はーい」

凛「…」

\\\
車内、P運転中

凛「…ねぇ、プロデューサー」

P「ん?」

凛「プロデューサーって、音無さんと付き合っているの?」

P「ないない。
って、何でそんなこと聞くんだ?」
スポンサーリンク
2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) 2012/07/21(土) 19:54:45.12 ID:xddYoZBc0
凛(動揺はしてない…かな?)チラ

凛「事務所でいつもイチャイチャしてるし」

P「そう見えるのか。イチャついているつもりはないんだけどな。
ちなみにそれは凛個人の感想? 他の娘もそう言ってる?」

凛「他の人には聞いたことないから、わかんない」

P「そうか。まあ付き合う云々は別として、音無さんとは765プロでずっと一緒にやってきた仲だからな。
それなりに親しいと思うぞ」

凛「そっか」

凛(他人ごとみたい。なんかヤな感じ)
3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) 2012/07/21(土) 19:55:40.68 ID:xddYoZBc0
P「…」

P「凛はさ」

凛「なに?」

P「恋人とか欲しい?」

凛「恋人禁止じゃないの?」

P「うん、ダメ。
それはそれとして、恋愛とかしてみたいとか思う?」

凛「そこで、『うん』って言ったら内申点下がりそうだね」

P「内申点って、現役高校生らしい表現だな。
ちなみにアイドルやっていると、内申点に影響あるのか?」

凛「どうだろう?
先生には『勉強を疎かにしないように』って言われたけど」
4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) 2012/07/21(土) 19:56:16.08 ID:xddYoZBc0
P「その意見には賛成だな。
なんか話が脱線しまくってるけど、一度落ち着いて将来のこととか考えてみる良いタイミングかもな」

凛「ようやく軌道に乗り始めたばっかりだよ。
将来のこととか考える以前に、仕事選んでる余裕もないと思うけど」

P「別に今全部を決めるわけじゃなくてさ。これからどういう事を考える必要があるのか、心構えだけしておく感じかな。
そうしないと、選択しなきゃいけない時に前準備もなく決めなきゃいけなるだろうし、選択そのものに気付かない可能性だってある」

凛「そんなもんかな?」

P「というわけで、空いてるスケジュールで面談な」

凛「プロデューサーと?」

P「最初は俺と。さっきも言ったけど、今回は取りあえず心の準備をするだけだな。
ホントに重要な時期になったら、親御さんも交えて。
参考に先輩アイドルの話を聞くのもありだな」

凛「親はいいよ」
5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) 2012/07/21(土) 19:56:41.35 ID:xddYoZBc0
P「親御さんの了解はちゃんと取ってくれよ。
言っておくけど、未成年のうちは親御さんに反対されたら事務所としてはその意見を尊重するからな」

凛「あれもダメこれもダメ。
学校よりうるさいんだね」

P「学校よりずっと凛を大事にしている、って思ってくれると有難い」

凛「親よりうるさいのは?」

P「それは勿論、親御さんと同じくらいに大切に思っていて、親御さん以上に神経質だからだな」

凛(私が大切なのはどうして?
って聞いたら、プロデューサー困るかな)

凛(…聞けないよね、そんなこと)
6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) 2012/07/21(土) 19:57:44.11 ID:xddYoZBc0
凛「プロデューサーって口が上手いよね」

P「そうであれば良いと思ってる」

凛「私が子供だから簡単に言い包められるってこと?」

P「俺なんかまだまだ半人前の若造だってこと。
凛も仕事を続けていけばすぐにわかるよ」

凛「ふーん」

P「…」

凛「…」

P「そろそろ着くぞ。準備しとけ」

凛「うん、わかった」

P(…音無さんとイチャイチャね。さて、どうしたものか)
8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) 2012/07/21(土) 19:59:16.51 ID:xddYoZBc0
\\\
事務所

小鳥「お先に失礼しますね」

律子「お疲れ様でしたー」

P「お疲れ様ー」

バタン

律子「…」カタカタ

P「なぁ、律子。ちょっと相談があるんだが」

律子「二人きりになったのを見計らって声をかけられたのに全然トキメかないのが不思議ですね。
というか、なんか嫌な予感がするんですけど」

P「正解かな。あんまり楽しい話じゃないと思う。
言うまでもないと思うけど、オフレコでお願いな」
9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) 2012/07/21(土) 19:59:53.76 ID:xddYoZBc0
律子「はいはい。わかってますよ。
手付金にコーヒーくらい奢ってもらえるんですか?」

P「了解。砂糖とミルクは?」

律子「んー。今日はアリアリで」

P「はいよ」

カチャカチャ、コト

P「でだ。
俺と音無さんって、イチャイチャしてるように見える?」

律子「うわぁ」

P「御感想は?」

律子「コーヒーを口に含んでなくて良かったです」

P「ですよねー。噴飯ものの笑い話だよなー」
10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) 2012/07/21(土) 20:00:22.69 ID:xddYoZBc0
律子「逆です。まったく笑えませんね」

P「さようですか」

律子「事務所の娘に言われちゃったんですか」

P「どの娘かは詮索しない方向でお願いします」

律子「うーん。でもプロデューサーって、小鳥さん以外にも色んな娘とイチャイチャしてますよね。
何で小鳥さん限定なんですか?」

P「律子から見ると、音無さんとの関係が特別目立つわけじゃないのか」

律子「イチャついてるのは否定しないんですね。
いつか刺されますよ」

P「みんなと仲良くしようと意識しているのは確かだけど。
それがイチャついてるように見えるなら、ちょっとマズいよなぁ」
11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) 2012/07/21(土) 20:00:52.11 ID:xddYoZBc0
律子「大したスケコマシですね。
まあイチャついているように見えるというか、皆プロデューサーに対してのパーソナルスペースが狭いんですよね」

P「他人がいると不快になる距離だっけ?」ススス>>>

律子「そうやって、安易に距離を開けようだなんて思わないでくださいね。
安心できる距離から遠ざかったりされたら、普通に傷つきますから」

P「肝に銘じておきます」<<<ススス

律子「よろしい。
…何の話でしたっけ」

P「俺と音無さんがイチャついているように見えるか、って話」

律子「間違いなく、距離は近いと思いますよ。
家族なみの近さを許してますよね、お互い」

P「まあ言われてみると、確かに余所の人といる時より近いかもしれない」
12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) 2012/07/21(土) 20:01:20.45 ID:xddYoZBc0
律子「事務所の他の娘に対してもその距離ですけどね。
だとすると、その娘が小鳥さん限定したのは、現役アイドルじゃないからですかね?」

P「それは俺も思った。
けど、それだったら律子も同じ条件だな」

律子「その辺は本人に聞いてください」

律子(まあ私は割りきってるからかな?)

P「機会があったらな。
じゃあさ。律子から見て俺の距離って馴れ馴れしすぎると思うか?」

律子「ギリギリ慕われてる、という枠に収まっていると思いますよ。
肝心の小鳥さんに関しては…事務所の初期メンバーですからね。
気を許しているのはそのせいだって言って、納得してもらうしかないんじゃないですか」

P「それはもう伝えた」

律子「納得してもらえました?」
13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) 2012/07/21(土) 20:01:48.58 ID:xddYoZBc0
P「どうだろう?
こればっかりは本人の気持ち次第だからな」

律子「ハイハイ。モテるプロデューサーは辛いですね」

P「いや、そういう意味じゃなくてな。
なんて言うかな…」

P「…例えば、律子がアイドルやってた頃に、俺がプロデューサーだとしてさ。
当然、俺はお前に恋人作るの禁止だって言うわけだ。
そう言った本人が目の前で会社の同僚とイチャイチャしてるように見えたら、相手に恋愛感情なんてなくてもイラっとしないか?」

律子「ああ、そういうことですか。
確かに、理屈じゃなくてムカつきますね」

P「だろ。そういうのもあると思うんだよ」

律子(どうだか)
14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) 2012/07/21(土) 20:02:18.82 ID:xddYoZBc0
P「とはいえアイドルのご機嫌とるために他の人と距離を置くっていうのもなあ」

律子「小鳥さんなら協力してくれるんじゃないですか。大人ですし」

P「裏で話合わせるっていうのは、いずれバレるだろ。根本的解決にもなってないし」

律子「こういう問題だと、根本的解決は難しいと思いますけどね」

P「だよなぁ。納得してもらうしかないのか」

律子(…プロデューサーの担当の娘で、初期メンバーじゃなくて、色恋沙汰に反応する年頃。
それに加えて、プロデューサーがこういう話をしても大丈夫と思っている娘か)

律子「凛ですか」

P「…律子は事務所の娘を良く見てるなぁ」
15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) 2012/07/21(土) 20:02:47.64 ID:xddYoZBc0
律子「ヒントが多すぎましたね。
じゃあ、今回のお礼は『仕事を回してもらう』っていう形の方が良さそうですね」

P「OK。誰の分だ?」

律子「後で何種類かこっちの希望を出しますんで、何かいいのがあれば回してください」

P「了解。
今日はありがとな」

律子「どういたしまして」

P(話せばわかってくれるとは思うが…頭で理解できても、納得は難しいだろうな。
まあ急いで結論を出すことでもない。もう少し考えてみるか。
…それよりも、まずは『進路相談』か)
16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) 2012/07/21(土) 20:04:00.00 ID:xddYoZBc0
\\\
事務所、会議室

P「…とまあ、こんなところかな」

凛「ふーん」

P「何度も繰り返すけど、今日のところは『こういう道もある』っていう程度の話だから」

凛「うん、参考にしておく。
大学進学とか、移籍とか、今はよくわかんないし」

P「とはいえ、いざって時に凛が望む途を選べるように、学業にも仕事にも全力を尽くして欲しいっていうのが本音だな」

凛「仕事だけじゃなくて、勉強も?」

P「学問を本気で修めたいと思うようになるかもしれないだろ」

凛「それはないと思うな」
17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) 2012/07/21(土) 20:04:29.02 ID:xddYoZBc0
P「人生何があるかわからないからな」

凛「そうだね、1年前まではアイドルになるなんて思ってもみなかった」フフッ

P「だろ」

凛「…私生活は、学校も真面目にやった方が良いんだよね。
お仕事の方はどうすれば良いの?」

P「それも出来るだけ凛の希望に沿うようにしたいと思ってる。
今は色々経験してみて、そこから好きな方向を選んでいけば良いんじゃないかな」

凛「結構適当なんだね。
…プロデューサーはどういうのが向いてると思う?」

P「凛ならどの方面でもいけると思うぞ。
美人でスタイルも良いから、グラビアやCMで映えるだろうし。
歌ってる時の凛はすごく格好良いから、その面でアピールしても良い。
クールな雰囲気や立ち振る舞いとか、物怖じしない点なんかは役者としての武器になるな。
息の合った相方がいればバラエティだって務まるだろう」
18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) 2012/07/21(土) 20:04:58.20 ID:xddYoZBc0
凛「そ、そうかな?」テレ

凛(ちょっとこそばゆいかな。
…でも、私みたいな娘は一杯いるし。…お世辞だよね、きっと)

凛「でも、後半は無理してるよね」

P「無理なもんか。
確かに、どの方面だって今の凛じゃ経験不足のひよっこで、一筋縄ではいかないという点じゃ一緒だ。
けど、どの方向に進んだって、凛だったらトップアイドルになれる魅力がある。
だから凛が自分自身で、自分が一番輝けると感じられるものを選んで欲しいんだ」

凛「トップアイドルって…でも、私、愛想良くないし、歌だって、ダンスだってそんなに上手くないし」

P「凛は自分で思ってるほど無愛想じゃないぞ。
受け答えははっきりしてるし、気配りもできるからコミュニケーションに関して不安がない。
実際、他の娘たちとも年の上下に関係なくうまくやってるじゃないか。本当に無愛想だったらそうはならない」
19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) 2012/07/21(土) 20:05:26.41 ID:xddYoZBc0
P「それに『柔らかく微笑む』っていうのか? 笑った時の印象がすごく優しくて、そういう時の凛は一緒にいて穏やかで落ち着いた気分になる。
会話と気持ちのコントロール方法がわかって初対面の相手でもそういう自分を出せるようになれば、そっちの印象だって強くなるだろう。
その印象を普段の格好良さと合わせて見せられたら、それぞれの魅力が一層引き立つと思うな」

凛「…そうかな?」カァ

P「そうだ」

凛(褒めてくれてるんだよね?
ダメだ。なんか、うまく考えられない)

P「それに今言ったコントロール方法にしろ、今上手くできないものはレッスンで補う。
その上で、その時の凛の魅力を一番引き出す歌・ダンス・仕事なんかを持ってくるのが俺たちの仕事だ」

凛「…そこは、信頼してる」

P「ああ、任せてくれ」
20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) 2012/07/21(土) 20:05:54.60 ID:xddYoZBc0
P「…まあ、要するにだ。凛は魅力的な女の子で、色んな方面に磨きをかけるために今は色んなレッスンを受けてもらうし、仕事も手広くやってもらう。
その中で俺も将来の方向性は模索していく。
けど凛の方でも、自分が『楽しい』と思ったことや達成感を覚えたこととか、仕事を通じて感じたことを大切にして欲しいんだ。
そういう気持ちが将来を決める時にはとても重要なことだからな」

凛「…うん」

P「よし、頼むぞ」

P(やっぱりこの年頃だと、大人の『真剣』には耐性ないか。
まあでも、凛ならこの程度の褒め言葉で箍が外れることもないと思うが…)

P「…よし、じゃあ『進路相談』は終わりだ。
これからも頑張っていこう」アクシュ

凛「あっ、うん、よろしくお願いします…」ニギニギ

P「さて、次はレッスンだったな。
悪かったな、こんな時間からつき合わせて」

凛「…」フルフル
21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) 2012/07/21(土) 20:06:22.66 ID:xddYoZBc0
凛「その、参考になった、と思う。
ありがとう、プロデューサー」

P「ああ…レッスンには後で顔出すから」

凛「うん、行ってきます」タタッ

バタン

P「…さて」ピポパ

P「…お疲れさまです。Pです。…ええ、会議室です。…お待ちしてます」ピッ
22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) 2012/07/21(土) 20:06:51.85 ID:xddYoZBc0
バタン

社長「おはよう」

P「おはようございます」

社長「早速だが、始めてくれたまえ」

P「はい。事前に御説明した通り、現状では手広くやって、そこから本人の選択に任せようと思っています。
どの方向でも基本的にクールさや、格好良さを押し出す形になると思います」

社長「ふむ。
ただどうだろう、選択するとは言っても一つの分野で突出た物をもっている感じではないと思うが?」

P「仰る通りです。オールラウンダータイプですね。
オーバーリアクションを求められるタイプのバラエティは苦手そうですが…最後までそれ以外で手広くやるのもアリだと思います。
ただどの分野とも経験が少なすぎますので、今後どこかに突出する可能性も無きにしも非ずですね」

社長「現状は多方面で進めるのが無難か。
ユニット活動ではどうかね」
23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) 2012/07/21(土) 20:07:30.91 ID:xddYoZBc0
P「ソロ、若しくはリーダー向きですね。はっきり言ってリーダーでなければ埋もれてしまう娘でしょう。
平だったらリーダーを立てるでしょうからユニットとしては上手くいくと思いますが、かなり勿体ないですね」

社長「『勿体ない』か。随分と入れ込んでるじゃないか、君ィ」ニヤ

P「社長が『ティンときた!』逸材ですからね」ニヤリ

P「ユニットに関しての続きですが、先ほどバラエティは難しいと言いましたが、相方さえいれば相方とセットで上手く回せる可能性はあると思います。
ただそうすると、バラエティ以外の方面で相手役の娘の個性が消される可能性もありますので、やはり今の時点ではその方面に集中させるべきではないでしょう。
それに、その面では『生すっか!?』などの765プロが内輪でやる番組を使って充分アピールできると思いますので、後から方向転換もできると思います」

社長「ふむ。そこは如月君や萩原君の時と同じ方針だね。良いと思うよ。
宣伝の方はどうかね?」

P「まだ本人に経験と実力はないので、宣伝に力を入れる時期ではないですね。
とにかく色んな現場を経験させて、関係者に顔を知ってもらうのが一番の宣伝だと思います」

社長「君がプロデュースしているというのも、それなりの宣伝効果があると思うがね。
実際、青田買いじみたオファーも来ているようだが?」
24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) 2012/07/21(土) 20:07:59.42 ID:xddYoZBc0
P「実際は冗談半分なのが殆どです。こっちが強く推せばあるいは通るかもしれませんが、今のところそれは考えてません。
たまにホントの青田買いもありますが、それは経験が偏ると思うので断っています。
今の段階ですとベテラン相手では色が付くし、ソロや安い芸人相手では得られるものが少なすぎます。
…あっ、勿論断るにしても先方にはニーズに合った他の娘を売り込んでいますよ」

社長「その点は『出し惜しみしている』とか『値を釣り上げている』と思われないように注意してくれたまえ。
ちなみに、CDデビューの時も宣伝は抑えるつもりかね?」

P「抑えるというか、Fランクアイドル相応のもので行こうと思っています。
ただ、興味を持ってくれた人については、こちらがアピールしたい面を印象付けたいですね。
ですので、検索サイトにお布施して、ヒットする動画や画像を誘導しようと思ってます。
今のところ考えている宣伝用素材がこれです」カチカチ

社長「ふむ」

社長(…しかし、この段階で指名付きのお布施とは…
トップアイドルも担当しているからか、少し金銭感覚がそちらよりになっているようだな)
25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) 2012/07/21(土) 20:08:27.82 ID:xddYoZBc0
社長「…ん? この動画は見覚えがないが…」

P「あっ、それは友人に協力してもらって、個人的に作ってもらったものですね」

社長「なるほど。これは良いねぇ、君」ホッコリ

P「ありがとうございます」ヨシッ

社長(友人とはいえ、ここまでのものを無償というわけにはいくまい。
自腹か、あるいは割をくった娘がいるのかもしれん)

社長「本人のやる気は? 続けられそうかね」

P「そこはこちら次第だと思ってます。やっぱり最初からアイドル志望の娘よりは注意が必要ですね。
始めのうちは、真面目にやればクライアントにきちんと評価されるタイプの仕事を中心にやっていこうと思ってます。
そうじゃないものは徐々に慣らしていって、仕事にやりがいを覚えてもらうしかありませんね」

社長「ふむ。ただ残酷なようだが、『努力すれば報われる』世界ではない。
真面目な娘はその点で躓くこともあるだろう」
26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) 2012/07/21(土) 20:08:56.63 ID:xddYoZBc0
P「場数さえ踏めば、それで腐るような娘ではないと思います。
真面目なだけじゃなくて、結構勝負事に熱くなるところもありますし。見た目よりは根性ありますよ」

社長「そうかね」

P(…社長が見つけてきた娘だから、その点は心配してないんだけどな)

社長(…そこは彼が担当しているなら問題ないか)

社長「では、止め時はどうかね」

P「本人はそこまで考えてないようですね。本人の希望さえあれば、20代までは問題なくウチの第一線でやれるでしょう。
実家も家業がありますので、リタイア時の就職の心配もそれほどしなくて良いと思います。
そうじゃなくても真面目で、アイドルであることを鼻にかけることのない娘ですから、普通に就職だってできるんじゃないでしょうか。
その点は全然心配いらいないと思います」

社長「ふむ。止め時を逃してAV女優だなんて結末はちょっとアレだからねぇ」

P「俺は歌って踊れるAVアイドルってアリだと思いますけどね。
ウチの娘がそうなるのは嫌ですけど」
スポンサーリンク
arrow_upward
arrow_upward