渋谷凛「一人で走る覚悟?」

1: ◆gMXhl5W0Oc 2014/04/04(金) 21:58:24.62 ID:5DrdJ43no
P「唐突だったな。経緯から説明する」

凛「うん」

P「事務所から数人、CDデビューさせようという話がある」

凛「!」

P「うちの事務所はまだ立ち上がったばかりで実績があまり無い。
だが最近レッスンが進むにつれ、幾人かはだいぶ実力も付いてきた。
そこで今回、満を持してCDを出そうという話になったんだ」

凛「へぇ……。それで?」

P「候補は5人。双葉杏、三村かな子、高垣楓、城ヶ崎莉嘉、そして渋谷凛、お前だ」

凛「……っ」

P「理解が早くて助かる。今回の候補に島村卯月、本田未央の両名は含まれていない」

凛「……」

P「結果として、あくまでも結果としてだが
この話を受ければお前は二人を出し抜くことになる」

凛「出し、抜く……」

P「もう一度聞く。渋谷凛、一人で走る覚悟はあるか?」
スポンサーリンク
2: ◆gMXhl5W0Oc 2014/04/04(金) 21:59:48.86 ID:5DrdJ43no
――――
――


未央「お、しぶりんおかえりー」

卯月「おかえり、凛ちゃん。プロデューサーさんなんだって?」

凛「うん、ちょっとね。まだしゃべっちゃダメみたい」

未央「なんだそれー。まぁいいや、帰ろう!」

卯月「うん!」
3: ◆gMXhl5W0Oc 2014/04/04(金) 22:01:16.04 ID:5DrdJ43no
――――
――

― 自宅:風呂 ―


凛「CD、デビューか……」

凛「……あ~♪」~♪

凛「確かに、前よりは声が出るようになったかな」

凛「頑張ってきたもんね」

凛(じゃあ卯月や未央は頑張ってなかった? そんなことない)

凛(なんでだろう、こういうイベントは3人一緒だと思ってた。思い込んでた)

凛「チャンス……」

凛(っ、違う! 出し抜くチャンスじゃなくって、私が先へ進むためのっ!)

凛「誰に言い訳してるんだろう」

凛「二人には相談できないし……自分で決めなくちゃ」

凛「一人で走る覚悟、か……」
4: ◆gMXhl5W0Oc 2014/04/04(金) 22:01:51.18 ID:5DrdJ43no
――――
――


凛「プロデューサー」

P「ん、凛か。"決まった"か?」

凛「はい、"決めました"」

P「いい表情(かお)だ。
先にミーティングルームに行っててくれ。ここ片付けてから行く」
5: ◆gMXhl5W0Oc 2014/04/04(金) 22:04:26.59 ID:5DrdJ43no
― ミーティングルーム ―

P「さて、これから凛にはボーカルを重点的にトレーニングして貰う事になる」

凛「うん」

P「そしてその後にダンスとビジュアルだな。
まだどんな楽曲になるかは分からないが、販促の為ステージに立つことになる」

凛「うん」

P「ちなみに局はもう以来してある。765プロの我那覇響さんてわかるか?」

凛「動物番組とかに出てるよね」

P「ああ。そういえば凛は犬飼ってたっけ」

凛「ハナコだよ」

P「そうだったな。で、我那覇さんの代表曲とも言える"Next Life"を書いた方に
今回凛の曲を依頼してある」

凛「依頼してあるんだ」

P「あー。たぶん凛ならこの話をうけてくれるだろうと踏んで先に依頼した」

凛「ふうん。まぁ、いいけど」
6: ◆gMXhl5W0Oc 2014/04/04(金) 22:06:45.89 ID:5DrdJ43no
P「この人はトランスなんかの格好いい曲を多く手がけてる人だ。
"Next Life"のようなダンサブルなナンバーが来ることも考えられる」

凛「それでダンス。なかなか大変だね」

P「ああ、大変だ。我が事務所の第一弾だからな。
ちなみにその中でもお前は1番にナンバリングされる」

凛「……責任重大だ」

P「この第一弾の、いうなればお前の出来如何によって今後第二弾三弾のCDが
出るかが決まると言っても過言ではない」

凛「……本当に、責任重大だね」

P「でもそんなに不安にならなくてもいいぞ。俺も全力でサポートする」

凛「ありがとう」

P「がんばろうな。そんで卯月や未央のデビューまでこぎ着けよう」

凛「うん、そうだね」

P「今までと比べれば卯月、未央と一緒に居ることは少なくなるだろうし、
何か辛いことがあるかもしれない。そのときには遠慮無く相談してくれ」

凛「わかったよ。それじゃ、よろしくねプロデューサー」

P「こちらこそ。ああ、一旦"Next Life"のCDとライブのBDを貸しておくから
見聞きしてみるといい」
7: ◆gMXhl5W0Oc 2014/04/04(金) 22:08:22.70 ID:5DrdJ43no
――――――
――――
――

― 川沿い:散歩道 ―


凛「~♪」シャカシャカ

凛「……かっこいい」

ハナコ < ワンワン

凛「ハナコ、静かにね」


凛(我那覇さん、ダンスが得意っていうのは知ってたけど歌もこんなにすごいんだ)

凛(動物たちと遊んでるときはあんなに可愛い人なのに)


凛『忘れはしない君の温もりと 偽り無い真剣な 眼差しを ずっと』~♪


凛「……難しい」


凛『永久に続く生命の鎖が 絡み合って運命の地へ続いていく』~♪


凛「動き、こんな感じかな……?」

?「んー、もうちょっと緩急をつけた方がかっこよく見えると思うぞ」

凛「!?」
8: ◆gMXhl5W0Oc 2014/04/04(金) 22:10:17.59 ID:5DrdJ43no
響「あ、ごめん」

ハナコ < ワンワン

響「お? なんだキミはー可愛いやつだなーうりうり~♪」

凛「が、我那覇さん!?」

響「ん? 知ってるのか? はいさい! 我那覇響だぞ!」

凛「知ってます!」

ハナコ < ワンワンワンワンペロ

響「あはははは、くすぐったいよ」

凛「ちょっと、ハナコ!」

響「そっかー、キミはハナコって言うのかー」

凛「すみません我那覇さん……」

響「自分の方こそ、急に声かけちゃってごめんな」

凛「いえ、私こそその、勝手に歌って……」

響「ううん、すっごく嬉しかったぞ。ちなみにさっきの部分のダンスは――こう!」

凛「……すごい……」

響「えへへ、面と向かって言われると照れちゃうなぁ」///

凛「こう、――こう、ですか?」

響「そうそう。で、指先はこっちで視線はこっちね。
そのときつま先から腰まで、そこから脇腹の線の意識して」

凛「なるほど」
9: ◆gMXhl5W0Oc 2014/04/04(金) 22:11:41.91 ID:5DrdJ43no
響「ってごめん。自分ダンスのことになるとつい熱くなっちゃって」

凛「いえ、とても勉強になります。あの、私もアイドルをしていて……」

響「そうなの!? うわ、得意げに教えちゃってなんだか恥ずかしいぞ」

凛「いえ、アイドルと言ってもまだCDデビュー前の新人なんです。
それで今度CDを出させて貰えることになったんですけど、
その曲を我那覇さんと同じ人に書いて貰えるらしくて……」

響「へぇ……! おめでとうだぞ!」

凛「ありがとうございます。なので、さっきのダンスのお話とても勉強になりました」

響「そ、そう? あのさ、もしまた何かあったら聞いてよ」

凛「いいんですか?」

響「うん。嬉しかったからさ」

凛「ありがとうございます」

響「それで、一つだけ聞いてもいい?」

凛「はい」

響「名前なんて言うんだ?」

凛「!」
10: ◆gMXhl5W0Oc 2014/04/04(金) 22:14:51.01 ID:5DrdJ43no
――――――
――――
――


― ミーティングルーム ―


凛「失礼します」

P「おう。来たか」

凛「はい」

P「まぁ座れ。依頼していた曲が上がってきた」

凛「!」ゴクリ

P「そんな緊張するな。とりあえず聞いてみよう。
当然、お前がまだ歌ってないんだから仮歌ってやつだけどな。
タイトルは "Never say never" だ」


――
ずっと強く そう強く あの場所へ 走り出そう

どこまでも走ってゆくよ いつか辿り着けるその日まで
――


P「どうだ?」

凛「これを、私が歌うんだ……」

P「ああ」

凛「"Never say never"か。私も頑張るよ」

P「期待してるぞ。そういえば卯月と未央ももう凛のデビューの話は知ってるよな?」

凛「事務所のみんなが知ってるからね。"おめでとう""がんばって"って言われたよ」

P「そうか。あいつら、心から喜んでただろ?」

凛「そうだね」

P「ちゃんと、あいつらに繋げてやろうな」

凛「うん」
11: ◆gMXhl5W0Oc 2014/04/04(金) 22:15:59.63 ID:5DrdJ43no
――――――
――――
――


『To:我那覇響
Subject:こんばんは
――――
お疲れ様です。
無事、ではないけどデビューイベント終了しました。
とても緊張しました。
プロデューサーや、一緒にステージに立ったみんなに助けて貰ったと思います。
たくさんアドバイス頂いて、本当にありがとうございました。



『To:渋谷凛
Subject:Re:こんばんは
――――
お疲れ様!
改めてCDデビューおめでとう!
自分も凛のCD買ったぞ! いい歌だね。
上手く言えなくてあんまり役には立たなかったかもしれないけど、
そう言って貰えるとうれしいな。
今日はゆっくり休んでね!



『To:我那覇響
Subject:Re:Re:こんばんは
――――
CD買ってくださったんですか!?
ありがとうございます。我那覇さんには貰って欲しかったんですけど……。
長めにお風呂に浸かってしっかり疲れを取ろうと思います。
お休みなさい。
12: ◆gMXhl5W0Oc 2014/04/04(金) 22:17:11.64 ID:5DrdJ43no
――――――
――――
――


― 事務所 ―

卯月「ただいまー。あ、凛ちゃん」

未央「たっだいまー! お?」

凛「卯月、未央。おかえり」

未央「おー、しぶりんだ。久しぶりだね」

凛「そうだね、最近ちょっと忙しかったから」

卯月「疲れてない? 大丈夫?」

凛「大丈夫だよ。ありがとう」
13: ◆gMXhl5W0Oc 2014/04/04(金) 22:18:06.13 ID:5DrdJ43no
未央「あ、この後時間あったりする? 卯月とケーキでも食べに――」


P「凛! 居るか?」

凛・卯月・未央「!」


凛「はい、プロデューサー」

P「おし。そんじゃ言ってあったようにこれからグラビアの撮影だ。もう出られるな?」

凛「はい」

P「じゃあ車で待ってるから。卯月と未央もまたな」

卯月「あ、はい。お疲れ様です」

未央「お疲れ様でーす」
14: ◆gMXhl5W0Oc 2014/04/04(金) 22:18:37.00 ID:5DrdJ43no
凛「……ごめん」

卯月「ううん! がんばってね」

未央「そうそう。いい写真撮って貰っておいで」

凛「うん、行ってきます」


< クッソー,アタシモ早クCDデビューシタイナァ
< 一緒ニ頑張ロウネ


凛(一緒、か……)
15: ◆gMXhl5W0Oc 2014/04/04(金) 22:19:26.94 ID:5DrdJ43no
――

『To:我那覇響
Subject:お疲れ様です。
――――
今日はグラビアの撮影がありました。
写真を撮られるのはまだ慣れないです。
撮影の前にちょっとしたことがあって、上手く笑顔を作れませんでした。
でもそれが返って評判が良くて……複雑な気持ちです。

『To:我那覇響
Subject:
――――
ごめんなさい。ただの愚痴ですね。
16: ◆gMXhl5W0Oc 2014/04/04(金) 22:20:41.52 ID:5DrdJ43no
『To:渋谷凛
Subject:Re:
――――
お疲れ様!
どうしたんだ? 何かあったのか?
相談くらいいつでものるからな!



『To:我那覇響
Subject:Re:Re:
――――
ありがとうございます。でも本当に些細なことなので、大丈夫です。



『To:渋谷凛
Subject:Re:Re:Re:
――――
そう? それならいいんだけど。
やな事があったときはハナコと散歩するといいぞ!
自分も犬美と散歩して体動かしてすっきりするんだ!




凛「お母さーん。ちょっとハナコの散歩行ってくるー」
17: ◆gMXhl5W0Oc 2014/04/04(金) 22:21:30.33 ID:5DrdJ43no
――――――
――――
――


『To:我那覇響
Subject:こんにちは。
――――
今日、卯月のCDデビューが決まりました。
卯月はずっと泣きながら嬉しそうにしていました。
私と未央でおめでとうっていうと、何度も"ありがとう"って言ってました。
ちゃんと"次"に繋ぐことが出来たんだなって、少しほっとしています。



『To:渋谷凛
Subject:Re:こんにちは。
――――
おめでとう!
そっかー、卯月デビューかー。
これであとは未央だね!
早く三人で一緒に歌えるといいね。
自分も貴音と美希と歌ってるときはすごく楽しいぞ!
18: ◆gMXhl5W0Oc 2014/04/04(金) 22:23:35.97 ID:5DrdJ43no
――――――
――――
――


P「凛! 卯月! もう下に車来てるから出るぞ!」

卯月「っふぎゅ!?」

凛「っ、ほら卯月、お茶飲んで」

未央「プロデューサーいきなり大声出さないでよー。今おやつ食べてたんだからー」

P「ん? ああすまん。卯月大丈夫か?」

卯月「んっんっくっぷはっ。大丈夫です」

P「そうか。今日は向こうさんに車出して貰ってるから待たせられないんだ。
すぐ出られるか?」

凛「うん、大丈夫だよ」

P「おしじゃあ行くぞ!」

卯月「行ってくるね、未央ちゃん」

凛「行ってくるよ」

未央「行ってらっしゃーい」
19: ◆gMXhl5W0Oc 2014/04/04(金) 22:24:12.12 ID:5DrdJ43no
凛「あ。テーブルに目薬忘れてきたみたい」

卯月「取ってくる?」

凛「うん。先行ってて」

卯月「わかった」
20: ◆gMXhl5W0Oc 2014/04/04(金) 22:25:16.47 ID:5DrdJ43no
凛「未――」

未央「すぅぅぅぅぅぅはぁぁぁぁぁぁぁぁぁ。……顔洗ってこよっと」

凛「未央?」

未央「うわ!? え、どうしたの?」

凜「目薬忘れて。それより未央の方こそどうしたの」

未央「えっと、そう昨日マンガ読んで徹夜しちゃってさー! あくびしてたんだ」

凛「目、赤くなってるよ?」

未央「うそ!? 充血しちゃったのかな、私も目薬買おうかなー! なんて……」

凛「目薬買うんだったら、あまりスーッとしないタイプがいいよ」

未央「そうなんだ」

凛「じゃあ今度こそ、行くね」

未央「行ってらっしゃーい」



凛「未央……」
21: ◆gMXhl5W0Oc 2014/04/04(金) 22:26:08.74 ID:5DrdJ43no
――――――
――――
――


『To:我那覇響
Subject:こんばんは。
――――
今日、ついに未央のCDデビューが決まりました。
CDを出すのは未央なのに、ずっと卯月が泣いていました。
途中からつられて未央も泣いてたっけ。
でも泣きながら二人ともずっと笑ってました。
私も一緒に笑いながら、おめでとうって言いました。
以前我那覇さんが言っていたように、一緒に歌う夢に近づきました。



『To:渋谷凛
Subject:Re:こんばんは。
――――
やったな! おめでとう!
凛のデビューが決ってから一年かちょっと短いくらいかな。
凛もずっと心配してたもんな。
本当におめでとう。
22: ◆gMXhl5W0Oc 2014/04/04(金) 22:28:41.25 ID:5DrdJ43no
――――――
――――
――


『To:渋谷凛
Subject:はいさーい!
――――
自分たちアリーナライブが決ったんだ!
よかったら凛も見に来ないか?
卯月と未央も一緒に!
自分、プロデューサーにチケット頼んでみるぞ!



『To:我那覇響
Subject:Re:はいさーい!
――――
アリーナですか! おめでとうございます。
ライブ是非伺いたいですが、ご迷惑じゃないでしょうか……。



『To:渋谷凛
Subject:Re:Re:はいさーい!
――――
迷惑なんかじゃないぞ!
自分、凛達にステージを見て欲しいんだ。
23: ◆gMXhl5W0Oc 2014/04/04(金) 22:29:11.70 ID:5DrdJ43no
『To:我那覇響
Subject:Re:Re:Re:はいさーい!
――――
じゃあ、プロデューサーにスケジュール聞いてみます。
もし大丈夫そうなら改めてお願いします。



『To:渋谷凛
Subject:Re:Re:Re:Re:はいさーい!
――――
わかったぞ!
あ、でも自分もプロデューサーにお願いしてみるけど、
もしもダメだったらゴメン……。



『To:我那覇響
Subject:Re:Re:Re:Re:Re:はいさーい!
――――
はい、大丈夫です。
24: ◆gMXhl5W0Oc 2014/04/04(金) 22:30:09.86 ID:5DrdJ43no
――――――
――――
――


『To:我那覇響
Subject:こんばんは
――――
先日誘って頂いたアリーナライブの件なのですが、
ちょうど他のアーティストの方と合同のライブがあり
行けなくなってしまいました。
せっかく誘って頂いたのに、申し訳ありません。
そのライブなんですが、初めて武道館に立つことになりました。
精一杯歌ってこようと思います。



『To:渋谷凛
Subject:Re:こんばんは
――――
武道館おめでとう!
重なっちゃったのは残念だけど、楽しんで来てね!
でもそっかー、同じ日ってことは自分も凛達のステージ見に行けないんだなー。
でもお互い頑張るさっ!
25: ◆gMXhl5W0Oc 2014/04/04(金) 22:30:41.20 ID:5DrdJ43no
――――――
――――
――


trrrrrr

真「電話鳴ってるよ?」

千早「我那覇さんのじゃない?」

響「うん? 本当だ。えーっと、凛からだ。もしもし?」

凛『もしもし、渋谷です。今大丈夫ですか?』

響「大丈夫だぞ。どうかしたのか?」
28: ◆gMXhl5W0Oc 2014/04/04(金) 22:33:25.41 ID:5DrdJ43no
千早「凛って渋谷さんかしら」

真「そうじゃない? 時々連絡とってるみたいだよ」

千早「そうなの?」

真「この間もボクらのアリーナライブBDのCMを渋谷の交差点で見たとかメールしてた」

千早「渋谷さんが渋谷で!?」ブフッ

真「あー、そこなんだ……」
29: ◆gMXhl5W0Oc 2014/04/04(金) 22:34:22.59 ID:5DrdJ43no
凛『単独ライブが決りました。
以前合同ライブとかで立ったことのあるステージよりは小さいですけど、
私たちだけでライブです』

響「本当か!? おめでとう!」

凛『ありがとうございます』

響「よかったなー」

凛『はい』

響「これから練習とか大変だと思うケド、けがしないようにな!」

凛『気を付けて頑張ります。それじゃ……』

響「うん、わざわざありがとう!」
30: ◆gMXhl5W0Oc 2014/04/04(金) 22:34:49.86 ID:5DrdJ43no
――――――
――――
――


凛「いよいよだね」

卯月「うん」

未央「ついにって感じだね」

凛「楓さん達は?」

卯月「スタッフさんと段取りの話し合いしてる」

未央「私たちは行かなくていいのかな?」

卯月「私たちはもうちょっと後だって」

未央「そっか」
31: ◆gMXhl5W0Oc 2014/04/04(金) 22:35:59.22 ID:5DrdJ43no
凛「――ずっと二人に言いたかったことがあるんだ。聞いてくれる?」

卯月「?」

未央「なに?」

凛「私さ、二人より先にCDデビューして、アイドルとしても先に忙しくなって」

未央「そうだったねぇ」

卯月「うん。凛ちゃん頑張ってたよね」

凛「それでね。正直ちょっと不安だったんだ。
あのとき一歩進む事を選んだのは私のはずなのに、
どこか私が置いてけぼりにされたような気持ちもあったんだ」

卯月「凛ちゃん……」

凛「今、一緒に居てくれてありがとう。ずっと一緒に走って来てくれて、ありがとう」
32: ◆gMXhl5W0Oc 2014/04/04(金) 22:36:30.97 ID:5DrdJ43no
未央「――あたしもね、二人が先にどんどん進んでいって、
一人ぼっちになっちゃった気がしてたんだ。
正直もう無理なのかなって思った事もある。
でもしぶりんがずっと頑張ってるのを見て、頑張れって言われてる気がした。
しまむーの楽しそうな姿を見て、私も早くああなりたいって思ったんだ」

凛「……」

未央「二人とも、私の友達でいてくれてありがとう」

卯月「わ、私も! 凛ちゃんがすっごく頑張ってたの知ってるよ!
プロデューサーさんがね"凛達が活躍すれば他の娘達にも繋がる"って言ってたの。
だから私も頑張って、凛ちゃんも未央ちゃんも応援しようって……」

凛「うん、知ってる」

未央「ちゃんと届いてた」

卯月「えへへ……よかった。私、二人と一緒でよかった」
33: ◆gMXhl5W0Oc 2014/04/04(金) 22:37:24.80 ID:5DrdJ43no
凛「そろそろいこっか」

卯月「そうだね。ぐすっ、メイク崩れてないかな? 大丈夫?」

未央「大丈夫大丈夫」

凛「未央は目薬はいいの?」

未央「ちょ、しぶりん~」

卯月「目薬?」

未央「なんでもないよー」

卯月「え? 仲間はずれ?」

未央「いや、そんなんじゃないから」

凛「ふふっ。それじゃ、行こうか!」

卯月・未央「おー!」


― 終 ―
元ネタ
渋谷凛「一人で走る覚悟?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1396616304/
スポンサーリンク
arrow_upward
arrow_upward