モバP「美術館に行きたい?」

2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/20(日) 12:03:06.40 ID:VPoaNmwCO
あやめ「そうです。今、上野の森美術館で特別展をやっておりまして。ご一緒にいかかでしょうか?」

モバP「あやめが美術に興味があったとは。そういうのは頼子さんの専門だと思ってたよ」

あやめ「実のところ、あやめも芸術は門外漢なのですが、友人から割引のチケットを複数枚頂きまして。

聞けば会場には様々な趣向を凝らして、人を欺き、驚かせる現代アートが多数あるとか。

ですので、あやめは新しい忍術開発の参考になるやも知れぬと期待しております」

モバP「確かに面白そうだな。だけど、うーん……」

あやめ「むむ。プロデューサー殿の心配事は、アイドルとふたりっきりになってしまうことですか?」

モバP「そうだ。プライベートで二人というのは良くない。最悪あやめのアイドル生命に関わる」
スポンサーリンク
3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/20(日) 12:03:50.77 ID:VPoaNmwCO
あやめ「ふむ。では、プライベートではなく、レッスンという形で行くことにしましょう」

モバP「ん?どういうことだ?」

あやめ「すなわち!いずれ来るであろうドラマの演技レッスンという形で、美術館に行くのです。役柄は恋人同士!

これならプライベートではなく、アイドルとしてのレッスン、すなわち仕事として行くのでプロデューサー殿も納得✩安心✩許可ですね!」

モバP「なにが納得✩安心✩許可ですね!だ。周りから見たら本物のカップルも演技レッスン中も違いないだろ!」

あやめ「そこはアトモスフィアでなんとか」

モバP「無理だ」

あやめ「仕方ありませんな。では次の手を講じましょう。プロデューサー殿、しばしここでお待ち頂けますか?」

モバP「ん?おお、いいけど」

あやめ「ではちょっと行ってきます」

モバP「あ、おいどこに……ってトイレか。」
4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/20(日) 12:06:56.17 ID:VPoaNmwCO
……5分後。

モバP「あやめ、遅いな……」

モバPが待っていると、トイレの扉が開き、うぐいす色の制服をきた、長い茶髪を三つ編みにした女性が出てくる。

モバP「あれ、ちひろさん。トイレ行ってましたっけ?

というか、あやめがトイレに行ったきりなんですが、大丈夫か見てきてもらえませんか?」

ちひろ?「あやめさんですか……それならですね」

あやめ「あなたの目の前におりますよ!」

モバP「なに!?声が急に変わった……!もしかしなくても、ちひろさんじゃなくて、あやめか?」

あやめ「さようです!いかがですか?この変装術!そして、声帯模写!これなら衆目の中であろうと、

私とはばれますまい!」
5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/20(日) 12:08:07.61 ID:VPoaNmwCO
モバP「あやめ、おまえの忍者の腕すごいな……。それはさておき、

確かにその変装術なら一緒に行ってもまず気づかれないな。よし、週末開けておくから行くか、美術館」

あやめ「ありがとうございます、プロデューサー殿。では当日よろしくお願いいたします。

あ、私はこの姿にて参りますゆえ……」

モバP「ん?別にあやめと分からなければ、ちひろさんの姿じゃなくてもいいぞ?」

あやめ「モデルがあった方が、変装もやりやすいのです。それに上野周辺は混みますから、

お互いにわかる姿形でないと、はぐれた時などに探すのが大変になってしまいますよ?」

モバP「そう言われれば、確かにそうだな。俺とあやめに共通の知り合いで、アイドルじゃないとすると限られてくるからな。

了解した、待ち合わせの時はちひろさんの姿を探すよ」
6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/20(日) 12:08:51.81 ID:VPoaNmwCO
あやめ「はい!よろしくお願いいたします。あと、加えてもう一点よろしいですか?」

モバP「ん?どうした」

あやめ「折角の変装術の機会なので、私、当日はちひろさんになりきって行動したいと思います」

モバP「……なんでまた?」

あやめ「日々是れ精進。こういった機会でもないと変装の術をより高いレベルに持ち上げることはできません。

ちひろさんになりきることで、変装術に磨きをかけ、来るべきドラマなどのお仕事の、演技の応用として役立てたと思います」

モバP「あやめ、お前、アイドルの鏡だな」

あやめ「褒めても手裏剣くらいしか出ませんよ!それはさておき、プロデューサー殿にご協力をお願いしたいのです。

変装した者の名前でも反応できるようになる訓練として、当日、私のことは『ちひろさん』と呼ぶようにお願いできますか?」

モバP「ん、あやめがそう言うなら。まあ、姿はちひろさんだし、逆に呼びやすいかな」

あやめ→ちひろ(以下あやめ変装中はちひろで表記)「ふふ、ではよろしくお願いますね。プロデューサーさん」
7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/20(日) 12:09:34.00 ID:VPoaNmwCO
…………………………………
時は過ぎ、週末。上野の森美術館前、約束の時間。

モバP「大体時間通りに到着……。だけど、あやめはどこかな?えーと携帯に電話を……」

ちひろ「プロデューサーど……、コホン。プロデューサーさん、おはようございます」

モバP「お、おう、後ろに居たか。おはよう。それにしても、ほんとに、どこからどう見てもちひろさんだな」

ちひろ「お褒めに預かり光栄です」

モバP「それじゃあ、行くか。さて、特別展の入館料は……。そういえば、あや……ちひろさん割引券持ってるんだっけ?」

ちひろ「はい、ここにありますよ。えーと割引で1600円が1000円、二人で2000円ですね」

モバP「はいよ。券もらうぞ。買ってくるからちょっと待っててくれ」

ちひろ「……あ。ありがとうございます。1000円お渡ししますね」

モバP「いや、このくらいは俺が払うよ」

ちひろ「え。…でも悪いです」

モバP「久々に2000円札を有効に使える機会を与えてくれた事への、感謝の気持ちだ」

ちひろ「……ふふ、なんですかそれ。でも、それならせっかくなので、お願いします」
8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/20(日) 12:10:53.63 ID:VPoaNmwCO
…………………………‥モバPチケット購入中

モバP「はいチケット。さて、いくか」

ちひろ「どんなものがあるんでしょうか。楽しみですね」

モバP「そうだな」

エントランスを通り抜け、この特別展の由来が書かれている。

そこを通り抜けると、特別展が始まる。

歩を進めて、右側の壁にA4サイズ程度の2枚の絵が並べて飾られている。2枚で1セットの作品のようだ。

絵は、ヤドクガエルのような毒々しい紋様が、同じ配色で描かれている。

2枚の絵はほぼ同じようだが、細かいところに目を向けると、若干の違いが見てとれる。

タイトルには「見方により構築される2重螺旋の生命」とある。
9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/20(日) 12:11:29.97 ID:VPoaNmwCO
モバP「ふむ、抽象的だな」

ちひろ「そうですね。こう、絵の具をばら撒いたような絵を彷彿とさせます」

モバP「うーん、現代芸術はこういうところが難しいな。意味がわからないというか、

いたずら書きにしか見えないというか。題名も、いろいろな角度から生命を抽象的に描いたってことなんだろうけど、

ちょっとこれだけじゃな」

ちひろ「ふふ、でもPさん、これは案外わかりやすいかもしれません。この床のところを見てください」

モバP「うん?お、ちょうど2枚の絵の真ん中に足跡のマークか。ここに立って見れば、絵が変わるってことか?どれどれ…」

ちひろ「どうですか?」

モバP「……うーん、変わらないな」

ちひろ「ただ見るだけではダメなんですね……『見方により』、『2重螺旋』、……そうか。

Pさん、これ、立体視じゃないですか?」
10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/20(日) 12:12:10.62 ID:VPoaNmwCO
モバP「立体視?あの、寄り目で見ると、絵が立体的に浮かび上がるやつか。

どれ、焦点をずらして…………、おお、二枚の絵が重なって、すげぇ、確かに生命が浮かび上がった!」

ちひろ「私もいいですか?……わっ!確かに、浮かび上がりますね。面白い」

モバP「これを手書きの油絵でやるか……。しかしあやめ、じゃないちひろさん、よくこんな仕掛けが

分かったな」

ちひろ「題名の螺旋がヒントになりました。螺旋は立体の暗示だったんですね。あとはたまたまです」

モバP「いやいやホントすごいぞ、絵画探偵名乗れるよ」

ちひろ「それは都ちゃんと頼子さんのコンビにお譲りします。さ、次に行きましょう?」
11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/20(日) 12:12:53.75 ID:VPoaNmwCO
廊下の突き当たり2枚の連作がある。写真のコラージュだ。

1枚目は、画面下部に陰鬱とした背景の中、白い死体袋がたくさん横たわっている。

それが地平線となる画面中央まで大量に連なり、やがてただの白色になる。

死の白に満たされた中央部から視線を上に向けると、その白はいつの間にかホワイトハウスの形に姿を変えている。

つまり、この絵の中では、死体袋が積み重なってホワイトハウスが作られていることになる。

2枚目は海の絵だ。右側の美しい砂浜の風景が左側に移動するにつれ、いつの間にかゴミとがれきの堆積した海岸線に変化する。

二つは連続した海岸の形をしているのに、その左右は楽園と終焉、両極端だ。

題名は「連続」とある。
12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/20(日) 12:13:29.80 ID:VPoaNmwCO
モバP「今度のはわかりやすいな、だまし絵みたいだ」

ちひろ「はい。1枚目の死体袋は、多分戦争で亡くなった方のものでしょう。

積み重なった死体袋が、地平線まで続いて画面を白で満たし、それが最終的にホワイトハウスになる。

因果の連続をはっきりと描いた、痛烈な皮肉ですね」

モバP「2枚目は、時間の連続を絵にしたんだな。美しい海岸が、時間を経てゴミだらけになってしまう連続」

ちひろ「メッセージ性が強いですね。こういうの好きです」

モバP「うん、面白い。俺も好き」
13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/20(日) 12:14:55.81 ID:VPoaNmwCO
曲がり角を曲がると、抽象画の油絵がある。

人間の上半身サイズのキャンパスいっぱいに、赤、白、緑、黒、青が原色で塗りたくられ、波打っている。

油絵具がカンバスから盛り上がって固まり、飛び出す絵本のようだ。

モバP「これまたすごいもん作ったな……」

ちひろ「凄まじい勢いを感じますね」

モバP「題名は、『躍動』か。ま、確かに元気だな、カンバスから溢れるくらいだし」

ちひろ「……あ、Pさん!ここ、この、赤と白の絵の具で盛り上がったところの裏側見てください」

モバP「ん、ああ!鶏の顔が油絵具で立体的に作られている!待てよ、よく見ると、この緑の部分は蛇のしっぽ?

角度変えてみると、青と黒いところに蝶の羽っぽいものも。他にもたくさん動物いるな、これ」

ちひろ「完全に油断していました。カンバスに書かれているから抽象絵画だと思ったら、

まさか動物のキメラを絵の具で立体的に仕上げた作品だったとは」
14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/20(日) 12:15:58.41 ID:VPoaNmwCO
モバP「この欺き方は、確かに忍術に応用できそうな欺き方だ。

どう応用するかは皆目検討もつかないけど」

ちひろ「ええ。凄いです、メモっておきましょう。……さて、次ですね」

曲がると広間に出る。

広間の中央に2m×2mの非常に大きな作品がある。

夜の街の写真を暗めに加工した写真画像。その上にキラキラと光る糸が、

旋風のような滑らかな流線で、画面全体にミシン目に縫い付けられている。
15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/20(日) 12:17:15.69 ID:VPoaNmwCO
ちひろ「うーん、これはなんでしょう?」

モバP「夜の街、かな。題名は……『金曜の夜』。うーん、ピンと来ないな」

ちひろ「こういう時は、一度遠くから見るといいかもしれません。細部に注目すると全体が見えなくなって

理解を妨げる場合があります」

モバP「よし、ちょっと離れてみよう」

ちひろ「……、うーん。わかりません。Pさんどうですか?」

モバP「……ふっふっふっ。今回は分かった。確かに離れるとよくわかる。これは酔っぱらいの視点だ!!」

ちひろ「あっ!!」

モバP「一軒目を飲み終えて、次の店に繰り出す金曜日の夜。足元がおぼつかない感じを流線型で、

視界がふらふらして考えが途切れがちなのをミシン目で、ほろ酔い気分の高翌揚感を糸のキラキラで、それぞれ表現しているんだな」

ちひろ「酔っ払い、なるほど、確かにそうです」

モバP「意味が分かると楽しいなー」
16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/20(日) 12:17:48.59 ID:VPoaNmwCO
二人は部屋を出て、階段を登る。

階上の部屋、入って右側の壁に、透明のアクリルのケースが設置されている。

ケースの下部分は空っぽで、中央部分から上部にかけて大量に枯葉が詰められている。

大量の葉っぱが圧縮して詰められているので横方向に圧力がかかり、アクリルケースの下に落ちないようだ。

また、アクリルケースには近づけないように、柵がある。

モバP「これまたすごいな。一体何を表しているんだ?」

ちひろ「題名は『時の移ろい』ですか」

モバP「ふーむ、これどういう意味なんだろう」
17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/20(日) 12:18:49.69 ID:VPoaNmwCO
ちひろ「これ、葉っぱが詰められてますよね。この作品は、見る時によって姿を変えると思いませんか。

例えば、2日後に来たら、下の方の葉っぱが何枚かアクリルケースの下の方に落ちているかもしれません。

1週間後に来たら、枯葉の分解が進んで、今詰まっている葉っぱの横の圧力が弱まって、全てアクリルケースの下部に

落ちているかもしれません。運がよければ、それが落ちる瞬間を観察することもできます。

そういう意味でこの作品は、時間を視覚化したものと言えます。

だからこの作品は、時の移ろい、を表現したものなのだと思いますよ」

モバP「ある意味、すごいゆっくりとした砂時計なのか……。ちひろさん、実はすごい好きでしょ、芸術」

ちひろ「ふふ、常識的な範囲の考察ですよ」
18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/20(日) 12:19:20.02 ID:VPoaNmwCO
部屋の奥の方に、一際異彩を放つ壁がある。

その壁には非常に大きな絵が一枚ある。

壁の絵は、全面、真っ黒に見える。

モバP「おー、これあれだろ。もう何枚か組み合わせると鯨の絵になるやつ」

ちひろ「ふふ、ACですね。あのCM、私も好きですよ。それはさておき、この絵はそれだけではないかもしれません。

今度はさっきの『金曜日の夜』の時とは逆に、もっと近づいてみましょう」
19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/20(日) 12:25:49.25 ID:VPoaNmwCO
モバP「どれどれ。……あ、近づくと、うっすらとだが線が見えて、絵になっている。

ほんのわずかな黒の濃淡だけで描かれているんから、遠くから見ると真っ黒だけど、近づくと見えるのか。

緊張した兵隊の絵。題名は……『塹壕の奥底』。戦争の時の塹壕の中の様子を描いた絵だな」

ちひろ「覗き込むようにして近づかないと、中の様子が見えない。主題にマッチした緊張感とリアリティがありますね」

モバP「俺達鑑賞者自身が、塹壕の奥底を覗き込むものになっているんだな。

見るためのアクションまで含めて、作品の一部か。……これもよく考えられてる」

ちひろ「はい。面白いです。……ところで、すごい気になっているんですが、この脇のはなんでしょうか?」

この黒い絵のすぐ脇の壁に、電話番号が書いてある紙が貼りつけてある。

これも、作品のようだ。
20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/20(日) 12:26:55.51 ID:VPoaNmwCO
モバP「なんだろうな、かけて見ればわかるかも。電話で聞く音楽作品かなにかかな」

ちひろ「どうでしょう?あら、これ。……ふふ、Pさん、ここ見てください」

モバP「ん、作品の材料が書いてある。『コピー紙、トナー、作品の前のあなた』。

……ははぁ、なるほど。つまりこの作品を見て、電話番号の意味を考えたり、実際にかけてみたり、

なんだろうと話し合ってみたりする俺達自身を作品にしてしまうのが、この作品なわけだ」

ちひろ「作品を見ている人が、作品に取り込まれ、作品となる。とっても不思議な作品ですね。

ちなみに、この番号に電話するとどうなるんですか?」

モバP「物は試しだし、ちょっとかけてみようか?」

…………モバP電話中

ちひろ「……どうです?」

モバP「留守電が『こんなに怪しい電話番号にかけるのは危ないですよ』だってさ」

ちひろ「ふふ。見る人を取り込んで作品にする作者にふさわしい、人を食ったジョークですね」

モバP「全くだ。さて、行くか」
21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/20(日) 12:27:45.93 ID:VPoaNmwCO
部屋を出て、階段を下ると美術館のエントランスに戻ってくる。

モバP「あ、終わりかな?」

ちひろ「特別展は終わりのようですね……。あら、でもこっちに無料の作品展示があるみたいですよ」

モバP「一つのフロア丸ごと作品になっているのか」

部屋の中に入ると、特別展の時とはうって変わって、普通のトーンで皆が喋っている。

どうやら感想戦をしながら、最後の展示を眺めているようだ。

その感想戦の中に一人、見知った人物が居る。

モバP「……あれ。ちひろさん、あそこにいるの、別事務所でお前が仲がいい脇山珠美じゃないか?」

部屋の一角で、話し込んでいる小さな女の子がいる。アホ毛がキュートだがクール売りの脇山珠美だ。

ちひろ「あ、確かに珠美さんですね」

モバP「挨拶してくるか?」

ちひろ「……いえ、今はお話なさっているみたいですし。それに私はちひろですから」
22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/20(日) 12:28:28.24 ID:VPoaNmwCO
モバP「ん、徹底してるな、了解。で、作品の方はと。

部屋の右奥の方に何かあるな。椅子、ズボン、財布、それにベルトが地面に散らかっている。

あ、持っていかれないように小物は固定はされているんだな」

ちひろ「作品の題名……『油断』。そうですね、確かにこの部屋は油断しています」

モバP「男の一人暮らしっぽいな。部屋丸ごとで油断を表してるってことか……」

ちひろ「ふふ、ちょっと、拍子抜けしてしまいました。ここまでいろいろあったから、

ここにも何かあるんじゃないかって疑ってしまいますよね」

モバP「確かに、特別展の作品が印象的なものが多かったからな。ま、でもこういうわかりやすいのは好きだよ」

ちひろ「はい。…………ではそろそろ出ましょうか」

モバP「おう。それにしても真剣に見てたから、結構疲れた。どっかで休むか」

ちひろ「駅の方にゆったりしたお店がありましたから、そっちに行きましょう」
23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/20(日) 12:29:18.88 ID:VPoaNmwCO
その後、少し歩いて駅下のオープンテラスのあるイタリア料理店に入って休憩。

モバP「現代芸術はわからないと思ってたけど、案外面白いもんだな」

ちひろ「そうですね。作品のいろいろな見せ方に工夫が凝らされていて、たいへん興味深かったです」

モバP「ちひろさんは何が好きだった?」

ちひろ「どれも良かったですが、電話番号の展示は良かったですね。出し抜かれた感じが好きです。Pさんは?」

モバP「『金曜日の夜』」

ちひろ「よく、酔っぱらうから共感したんですか?」

モバP「自分で内容がわかったからです!」

ちひろ「ふふふ」

モバP「まったく」

その後しばらく談笑して、二人はそのまま解散した。
スポンサーリンク
arrow_upward
arrow_upward