ダージリン「紅茶を一滴でも溢したらわたくしたちの負けでよろしくてよ」みほ「……」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/07(火) 23:51:49.55 ID:IXwt4tVwo
試合会場

桃「本日は急な申し込みにも関わらず、試合を受けて頂き感謝する」

ダージリン「構いませんことよ」

みほ「よ、よろしくお願いします」

ダージリン「こちらこそ。騎士道精神でお互い頑張りましょう。とはいえ……」

みほ「え?」

ダージリン「どんな走りをしようとも、我が校の戦車は一滴たりとも紅茶をこぼしたりはしませんけれど」

カエサル「どういう意味だ」

梓「絶対に負けるはずがないってことですか?」

ダージリン「さぁ。どのように受け取ってもくださっても結構ですわ」

典子「それだけ自信があるってことか……!! 流石強豪聖グロリアーナ……!!」

桃「では、もし一滴でも溢したら?」

ダージリン「そうですわね……。万が一、紅茶を一滴でも溢したらわたくしたちの負けでよろしくてよ」

みほ「……」

ダージリン「そんなことになるとは考えられませんけど。ふふっ」
スポンサーリンク
2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/07(火) 23:58:23.14 ID:IXwt4tVwo
桃「言ってくれる……!! 西住!! 絶対に勝つぞ!!」

カエサル「そうだ。この一戦、負けられないんだ」

典子「負けたら……!!」

杏「あんこう踊りぃ」

梓「やだぁ……!!」

みほ「待ってください」

ダージリン「はい?」

みほ「私たち、この試合には負けられないんです」

ダージリン「負けて良い試合なんて、一戦たりともありませんわ」

みほ「いえ、あ、確かにそうなんですけど……。あの、私たちは真剣なんです。だから、手を抜かれると困るというか……」

ダージリン「手を抜く? そんなことはありませんわ」

みほ「でも、今、紅茶を一滴でも溢したら負けでいいって……」

ダージリン「ええ。でも、それは貴方たちに対して手を抜いている、或いはハンディキャップを設けるという意味ではありませんの」

みほ「それじゃあ……」

ダージリン「結果として、一滴も溢すことなく試合は終了する。そういうことですわ」
3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/08(水) 00:05:24.40 ID:R5yVLJuqo
典子「なにぃ……」

桃「おのれ……グロリアーナめ……!!」

杏「まぁ、うちら弱小も弱小だしね」

みほ「すごい自信ですね……」

ダージリン「気に触ったのなら、ごめんなさい」

オレンジペコ「あの、あまり挑発しないほうが……」

カエサル「そこまでの自信があるなら、貴方が紅茶を溢したときはあんこう踊りをしてもらうというのはどうかな?」

ダージリン「あんこう踊り……? なんですの、それは」

杏「大洗の祭りでよくやるダンスだよ。結構、楽しいんだ、これが」

ダージリン「そう……。あんこう踊り……。まぁ、いいですわ。やりましょう」

オレンジペコ「えぇぇ……!!」

ダージリン「心配はいりませんわ。わたくしたちが負けるわけがありませんもの」キリッ

杏「あーあ、言っちゃったねぇ。リンちゃん」

ダージリン「リンちゃん? わたくしのことですの?」

杏「本当にやるんだね、あんこう踊り?」
4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/08(水) 00:11:39.89 ID:R5yVLJuqo
ダージリン「約束は約束です。守りますわ」

桃「確認するぞ。こちらは全車両が走行不能になれば負け、そちらは紅茶が一滴でも溢したら負け。いいな?」

ダージリン「はい」

オレンジペコ「それはいくらなんでも!!」

ダージリン「わたくしが信頼できないの?」

オレンジペコ「そういうことではなくて……!!」

ダージリン「さぁ、始めましょうか」

オレンジペコ「あぁぁ……」

杏「さぁーて、どうしようか?」

桃「奴らを蛇行運転させれば余裕です、会長」

杏「西住ちゃんの意見は?」

みほ「……会長」

杏「なぁに?」

みほ「作戦を変更させてください」

杏「いいよ」
5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/08(水) 00:22:37.73 ID:R5yVLJuqo
チャーチル車内

ダージリン「どんな戦術で来るのか、楽しみですわね」

オレンジペコ「本当によかったのですか、あのような条件を呑んで」

ダージリン「ええ。わたくしが一滴の紅茶を溢し、チャーチルを汚したことがあるかしら?」

オレンジペコ「あったような……」

ダージリン「全車、前進」

オレンジペコ「大丈夫ですか……」

ドォォォン!!

ガシャーン!

オレンジペコ「……仕掛けてきましたわね」

ダージリン「こちらもお相手しますか」

オレンジペコ「はい」

ダージリン「ふふ。このような砲撃で紅茶を溢すとでも思っているのかしら。それはそうと新しく紅茶を淹れてもらえる?」

オレンジペコ「あの……」

ダージリン「全車、撃ち方用意」
6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/08(水) 00:29:45.63 ID:R5yVLJuqo
Ⅳ号戦車内

華「すみません。外してしまいました」

みほ「大丈夫。目的は撃破じゃないから」

沙織「今ので紅茶溢したんじゃない?」

麻子「ありえるな。私だったらカップごと落としてる」

優花里「しかし、綺麗な隊列を維持したままですから、溢していない可能性のほうが高くないですか?」

みほ「あれだけの自信があったんだから、これぐらいで溢しているとは思えない」

沙織「じゃ、あの作戦だね」

みほ「うん」

華「みなさんが上手くやってくれていればいいのですが」

みほ「そこは信じるしかないよ。麻子さん、できるだけジグザグに走行して」

麻子「了解」

ドォォォン!!!

沙織「ひゃぁ!! うってきたぁ!! あぁぁ!!! ペットボトルがたおれたぁ!!! 鏡が割れたぁ!! もーやだー!!」

麻子「やはり私物を持ち込むのは無理があったな」
8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/08(水) 00:38:53.66 ID:R5yVLJuqo
チャーチル車内

オレンジペコ「どこかに誘い込もうとしているようですわね」

ダージリン「見え透いた囮作戦ですわね。もう少し作戦を練ってくると思ったのに……」

ドォォォン!!

ダージリン「ふふっ。二度起こることは三度目もあるといいますが、二度目がなければ三度目もありませんわ」

オレンジペコ「よく耐えましたね」

ダージリン「量を変えれば、何も問題はありませんわ」

オレンジペコ「なるほど」

ダージリン「前のⅣ号に集中砲火」

ドォォォン!!!

オレンジペコ「くっ……。狙いがいいですわ。相手の砲手には気をつけたほうが……」

ダージリン「そのようね。三杯目を注ぎましょう」

オレンジペコ「誰が掃除すると……」

ダージリン「攻撃の手は緩めないように」

アッサム「了解」
9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/08(水) 00:50:13.35 ID:R5yVLJuqo
Ⅳ号戦車内

沙織「あぁぁ!! もう!! 撃たれるたび置いてるモノが落ちてメチャクチャになっちゃうんだけどー!!」

麻子「それは仕方ないな」

優花里「ですから、私物の持込はあまりよくないと」

沙織「ぶぅー!! 拾っても拾ってもキリがないじゃん!!」

華「それにしても走行の振動だけでも相当ですから、向こうの紅茶は既に零れているかもしれませんね」

みほ「どうなんだろう……。あっさり私たちの条件を呑んだから、これぐらいのことは想定していると思うし」

優花里「そういえば、聞いたことがあります。車を運転するとき、コップ一杯に水を入れて、その水が零れないように運転の訓練をするとか」

沙織「なにそれすごい!!」

麻子「漫画で見た」

優花里「グロリアーナは戦車で同じような訓練をしているのではないですか?」

華「それなら、この程度では溢してはいないでしょうね」

みほ「そうだね。……そろそろ目的のポイント。麻子さん、十分に注意して」

麻子「分かっている」

沙織「あぁ、もう、落ちたの拾うのやめた! 邪魔にならないように一箇所にあつめとく!」
10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/08(水) 00:59:28.73 ID:R5yVLJuqo
チャーチル車内

ダージリン「あちらの操縦手も中々の手並みですわね」

オレンジペコ「……」

ダージリン「これだけの砲撃を軽々とかわしながらの走行はおみごとですわ」

オレンジペコ「……ん?」

ダージリン「ですが、こちらの操縦手はその上を行く技能を有して――」

ガガガガガガガ……!!!

ダージリン「おぉお、おおりりり、まますわよよよ」ガタガタガタ

オレンジペコ「ど、どうして……こんなに道があれて……!!」

ダージリン「服が濡れてしまいました」フキフキ

オレンジペコ「大きな岩が転がっていたり、地面を掘ったようなあとがありますね」

ダージリン「まさか。悪路を意図的に作ったと?」

オレンジペコ「そう考えるのが自然ではないですか?」

ダージリン「ふふ。やってくれますわね。ですが、そんなことでは紅茶は溢しませんわよ」ズズッ

オレンジペコ「……」
12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/08(水) 01:12:28.50 ID:R5yVLJuqo
Ⅳ号戦車内

みほ「すごい悪路……。みんなに感謝しなきゃ」

優花里「まさか短時間でこのような道を作るとは!! 流石ですぅ!!」

麻子「だが、やりすぎだ。どうみても地面や崖を砲撃してる。弾数は残っているんだろうな」

沙織「そこまではしてないと思うけど」

みほ「Aチーム。敵を引き付けつつ、あと3分で到着します」

華「流石にもう溢しているのでは?」

沙織「一応、聞いてみる? 確か、敵チームと無線は繋いでもいいんだよね」

優花里「はい。何かアクシデントがあったときのため相手との会話もできるようになっています。通話は全車両、審判員にも聞こえてしまいますけど」

沙織「えーと……」カチッ

沙織「えー、こちら大洗女子学園のAチームです。応答してください」

ダージリン『どうかされましたか?』

沙織「いえ、そろそろ紅茶が零れたかなと思いまして……」

ダージリン『いやですわ。溢したら即試合を終了させ、あんこう踊りを披露します』

沙織「あ、それもそうですね。失礼しました」
13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/08(水) 01:21:51.70 ID:R5yVLJuqo
沙織「みぽりん、まだ溢してないって」

みほ「やっぱり……」

麻子「だが、嘘をついている可能性もあるぞ」

華「嘘……?」

沙織「はっ! 確かに!! 私たち確認のしようがなくない!?」

麻子「最初に気が付け」

みほ「……」

優花里「西住殿、どうされましたか?」

みほ「ううん。騎士道精神でお互いに頑張ろうって言ってくれた人が、嘘を付くなんて思えない」

沙織「だよねぇ。麻子、人を疑う前にまず信じなきゃ!!」

麻子「はいはい……」

華「沙織さんの言うとおりですねぇ」

優花里「はい!! 嘘なんてつくわけがありません!! あんなにも誠実そうな人でしたのに!!」

みほ「……沙織さん、お願いがあるの」

沙織「なになに? なんでもいってね」
14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/08(水) 01:27:25.28 ID:R5yVLJuqo
チャーチル車内

オレンジペコ「あのぉ……」

ダージリン「なにか?」

オレンジペコ「いえ……」

ダージリン「私は紅茶を溢していないわ。その証拠もない」

オレンジペコ「……」

ダージリン「こんな格言を知ってる?イギリス人は恋愛と戦争では手段を選ばない」

オレンジペコ「騎士道精神はどうしたのですか……」

ダージリン「さぁ、なんのことやら」

オレンジペコ「……」

ダージリン「それよりも早くあのⅣ号の撃破を――」

麻子『だが、嘘をついている可能性もあるぞ』

ダージリン「おや……?」

オレンジペコ「向こうからですね。間違ってスイッチが入ってしまったのでは?」

ダージリン「困ったものですわね。慣れていないチームにはよくあることですが。このままだと無線が使えませんから注意しておきませんと」
15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/08(水) 01:35:33.10 ID:R5yVLJuqo
華『嘘……? あの誠実そうなダージリンさんが嘘をついているというのですか?』

ダージリン「……」ピクッ

沙織『でも確かに私たちには確認する術がないよね』

麻子『ああ。向こうは既に紅茶を溢しているのに、溢していないと言い張っているだけかもしれない』

オレンジペコ「あぁ……」

ダージリン「好き勝手に言ってくれますわね。抗議しておきますか」

優花里『そんなわけありませんよ!!!』

ダージリン「……!!」

みほ『そうだよ!! どうしてそんなこというの!?』

麻子『だが……』

優花里『ダージリン殿は騎士道精神で私たちに挑んでくれているのですよ!! 明らかな格下である私たちにです!!』

みほ『そんなに正々堂々としたダージリンさんが、嘘をつくわけないよ!!』

華『そうですね。あのような素敵なかたを疑うのはやめましょう。私たちはダージリンさんを信じ、正面から戦うだけです』

ダージリン「……」

オレンジペコ「あの……どうされますか……?」
16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/08(水) 01:42:51.50 ID:R5yVLJuqo
みほ『人を疑うよりも、信じないといけない。私はそう思うよ』

沙織『そうだね……。ダージリンさんがそんな卑怯なことするわけないもんね』

麻子『……そうだな』

優花里『ダージリンさんに謝りましょう。ここからでは聞こえないですが』

華『申し訳ありません、ダージリンさん。ほんの少しだけ疑ってしまいました』

沙織『ごめんなさい、ダージリンさん』

麻子『ごめんなさい』

優花里『すみませんでした!!!』

みほ『ダージリンさんはそんなことしないって、私たち信じてます』

ダージリン「……」

オレンジペコ「良い人ばっかりですわ……」ウルウル

ダージリン「ふ……ふふ……ふふふ……」

ダージリン「こんなもの、向こうの作戦に決まっていますわ。……もしもし、無線が入ったままですわよ」

沙織『え!? あ、ごめんなさい!! すぐにきります!!!』ブツッ

ダージリン「全く……これだから素人は……こ、ここまりますわわ……」ガタガタガタ
18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/08(水) 01:56:21.78 ID:R5yVLJuqo
オレンジペコ「あ、あぁ……体が震えて零れてますいます……紅茶がたくさん……」

ダージリン「気にしてはならないわ。このような精神攻撃でどうにかなると思っていらっしゃるのでしたら、相当なお間抜けさんですわね」

オレンジペコ「でも、大洗の人たちは無線が入っていることに気が付いていないようでしたが……」

ダージリン「わざとスイッチをいれ、今の会話をわたくしたちの耳にいれたのでしょう。そして良心に訴えた。そういう作戦ですわ」ズズッ

オレンジペコ「あの……人を疑う前に信じたほうがいいと、大洗の人たちも言っていましたから……」

ダージリン「作戦ですわ。そう思いなさい」

オレンジペコ「いいのですか?」

ダージリン「構わないわ。全車、撃ち方用意」

『あのぉ、隊長?』

ダージリン「なにか?」

『溢して、ないですよね?』

ダージリン「わたくしを疑うの? ふふ、溢したところを見たことがあって?」

『いえ、ないですけども』

ダージリン「知っているかしら? 確認できないことは存在していないも同然だということを」

オレンジペコ「それは暗に認めているのですか……?」
19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/08(水) 02:07:22.91 ID:R5yVLJuqo
Ⅳ号戦車内

沙織「何も応答がないね」

麻子「まぁ、これで認めてくれるなら本当に良い人だが、普通は言わないだろうな」

優花里「待ってください!! どうしてそんな溢していることを前提に話しているのですかぁ!! 本当に溢していないという可能性は十分すぎるほどあります!!」

みほ「うん。ダージリンさんは溢していないと言っている以上、それを疑うのはやめよう。ここからだと確認はできないから」

麻子「では、どうする?」

みほ「当初の予定通り、キルゾーンへ誘導します。こちらAチーム、聞こえますか?」

杏『きこえるよぉ』

みほ「あと1分で到着です。そのときは……」

杏『隊長車を集中攻撃でいいんだよね』

みほ「はい。お願いします」

杏『でも、さっき道を荒らすときに結構な弾数使ってさぁ、余裕あんまないけど、いい?』

柚子『桃ちゃんが撃ち過ぎるからぁ』

桃『桃ちゃんとよぶなぁ!!!』

みほ「大丈夫です。落ち着いて、隊長車のみを砲撃してください。あと忘れないでください。私たちは相手の紅茶を一滴でも落とさせれば勝ちです。条件としては破格過ぎるほど有利ですから」
20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/08(水) 02:18:06.43 ID:R5yVLJuqo
チャーチル車内

オレンジペコ「前方、敵車両確認しました」

ダージリン「うふふ。やはりですか。こんな安直な囮作戦、わたくしたちには通用しないわ」

ドォン!! ドォォン!!! ドォォン!!!

オレンジペコ「うぅ……!! 敵全車両の狙いは……!!」

ダージリン「隊長車みたいね」

ドォォン!!! ドォン!!!

オレンジペコ「あの、このままでは……」

ダージリン「構わないわ。そのまま進みなさい。近くに着弾はしても直撃はしない」

ドォォン!!!

ガシャーン!!

ダージリン「……新しいカップはどこかしら?」

オレンジペコ「くぅ……!! 厳しいです……!!」

ガガガガガ……!!

ダージリン「ちょっと。紅茶が上手く淹れられないわ。もう少しエレガントな操縦を心がけなさい」ドボドボドボ
21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/08(水) 02:27:28.93 ID:R5yVLJuqo
Ⅳ号戦車内

華「これだけ撃ちこんでも溢さないのですか……!!」

優花里「流石はダージリン殿ですね!! 西住殿!!」

みほ「……おかしい」

優花里「え?」

みほ「いくらなんでもこの状況で溢していないなんて、おかしいよ」

優花里「ですが、グロリアーナは特別な訓練もしているでしょうし」

みほ「隊列を組んで進んでいるだけならまだわかるよ。でも、これだけの砲撃を受ければ、普通車内は左右に大きく揺れるはず」

麻子「その状態でカップに入ったものを溢さないのは物理的に不可能だな。理論上は可能だが、そうなると戦車の揺れに合わせてダージリンさんも体を揺らしていることになる」

華「まるで音に反応する玩具みたいですね。そういうのありましたよね?」

沙織「それは知らないけど、ダージリンさんが車内で面白い動きをしているのは想像できちゃう」

優花里「まさに達人に域です!!」

みほ「沙織さん、ダージリンさんに繋いで」

沙織「オッケー」カチッ

みほ「……ダージリンさん、聞こえますか?」
22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/08(水) 02:39:30.49 ID:R5yVLJuqo
ダージリン『なにか? 降伏でもしてくれるのかしら?』

みほ「紅茶はまだ溢していませんか?」

ダージリン『溢したら即試合を終了し、あんこう踊りを披露すると言ったはずですが』

みほ「そうですね。すみません。でも、どうしても不思議なんです。こんな状況でも溢さずにいられるのが」

ダージリン『そんなことよりもご自分の心配をなさってはどうです? 着実に追い詰められていますわよ?』

みほ「……!?」

典子『すごいアタック……!!』

あや『ありえない!!』

みほ「落ちついてください!! 攻撃、やめないで!!」

あゆみ『むりです!!』

優季『もうやだぁ!!』

梓『逃げちゃダメだってばぁ!!』

ドォォォン!!!

ダージリン『ふふ……。敵とお喋りしている時間はないようですわね。それでは』ブツッ

みほ「……沙織さん、各車状況を確認してください」
23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/08(水) 02:50:10.84 ID:R5yVLJuqo
典子『私たちどうしたら!?』

エルヴィン『隊長殿!! 指示を!!』

桃『撃って撃って、撃ちまくれ!!!』

みほ「このままいてもやられるだけ……」

華「隊長は西住さんです」

沙織「私たち、みほの言うとおりにする!」

麻子「どこへだって行ってやる」

優花里「西住殿! 命令してください!」

みほ「……B・Cチーム、私たちの後についてきてください!」

典子『わかりました!』

エルヴィン『心得た!!』

桃『なに!? 許さんぞ!!』

みほ「これから移動をしつつ作戦を伝えます。この作戦はみなさんのチームワークがなければ成立しません。私に力を貸してください」

典子『チームワークならまかせてください!!!』

妙子『がんばりまぁす!!』
スポンサーリンク
arrow_upward
arrow_upward